首页 > 全日语_悬疑盛宴:日本恐怖小说大赏

日本恐怖小说大赏,全日语_悬疑盛宴:日本恐怖小说大赏

互联网 2020-11-01 03:41:42

简介:日本恐怖小说大奖是由日本角川书店主办。始于1994年,奖金分为大奖500万日元、长篇奖300万日元、短篇奖200万日元。得奖的优秀作品将由角川书店出版,同时还有机会由富士电视台拍成电影或电视剧。

おびただしい情報が一瞬のうちに世界中を駆けめぐり、 近代の枠組みは音を立てて崩れ去ろうとしています。 科学技術の進歩が、かえって私たちが抱える闇を際立たせ、 さらに新しい影を社会に投げかけているようです。

大量的情报一瞬间在全世界扩散, 近代的结构崩然倒塌。 科技进步,更彰显我们怀有的黑暗面。 而且,新的阴霾仿佛正向世间投射着。

「日本ホラー小説大賞」は、同時代を生きるすべての読者のために、そして、恐怖を通して人間の光を闇を描こうとしている才能あふれる書き手のために成立されました。

“日本恐怖小说大赏”,是为了生活在同一个时代里全部的读者,还有,是为了通过“恐怖”描写人类的光明与黑暗的、满腹才能的文学家们而成立的。

恐ろしい何かが、私を脅えさせ、そして、わたしを魅了する。 私たちを恐怖に駆り立てる闇に何か潜んでいるのか……。 どうすれば私たちは恐怖を克服できるのか……。 その答えを探すことは、 現代を生きることでもあります。

时常感觉被恐怖侵袭、威胁,甚至被恐怖迷惑. 将你我包围的这恐怖的黑暗中,到底存在些什么? 如何才能战胜这种内心的恐惧? 答案就在, 我们所生活的这个社会。

作品赏析:

第4回(1997年)■大賞「黒い家」著:貴志祐介 [内容]顧客の家に呼び出され、子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう生命保険会社の若槻。顧客の不審な態度から、彼は独自調査に乗り出す。信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに……。

第4届(1997年)大奖《黑暗之家》作者:贵志佑介 内容:生命保险公司的若槻被主顾叫到家里,成了上吊孩子尸体的第一发现者。他觉得主顾的态度非常可疑,便独自开始了案件调查。然而,却不知道令人无法置信的噩梦在等待着他……

第10回(2003年)■短編賞「白い部屋で月の歌を」著:朱川湊人 [ 内容]ジュンは除霊のアシスタントを務める少年だ。様々な霊魂を自分の体内に受け入れる際、白い部屋に自分がいるように見える。ある日、少女エリカと白い部屋で出会ったジュンはその面影に恋してしまったのだが・・・

第10届(2003年)短篇奖《在白色房间里吟月歌》作者:朱川凑人 内容:旬是为除灵担任助手的少年。各种各样的灵魂进入自己身体的时候,就好像能见到自己在一个白色的房间里。有一天,他在白色的房间里遇见了少女Erika,旬就这样陷入了与自己内心的影像的恋爱漩涡……

第18回(2011年)■長編賞「なまづま」著:堀井拓馬(ほりいたくま) [ 内容]醜悪で激臭を放つ生き物ヌメリヒトモドキは人間の記憶や感情を学習する。その生態を研究する「私」は、死んだ最愛の妻を蘇らせようとヌメリヒトモドキの飼育に熱中していく。悲劇的な結末に向かって…。

第18届(2011年)长篇奖《鬼妻》作者:堀井拓马 内容:丑陋、释放恶臭的生物粘魔人习得了人类的记忆与感情。研究此种生态的“我”,为了将最爱的亡妻复活,沉迷于对粘魔人的饲养。而面对他的,将是悲剧收场……

声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关链接:

日本童话的恐怖真相

世界童话的恐怖真相

免责声明:非本网注明原创的信息,皆为程序自动获取自互联网,目的在于传递更多信息,并不代表本网赞同其观点和对其真实性负责;如此页面有侵犯到您的权益,请给站长发送邮件,并提供相关证明(版权证明、身份证正反面、侵权链接),站长将在收到邮件24小时内删除。

相关阅读